体臭の原因を知ろう

体臭が起こる季節は、特に夏が多いです。
気になる体臭は何を原因として発生するのでしょうか。
体臭というのは、主に皮脂腺と汗腺が関係をしています。
皮脂腺というのは、皮脂を分泌させるもの、汗腺は汗を分泌させるものです。
通常皮脂や汗というのは人間にとっては必要であり、汗は分泌することによって体内の温度を下げる役目がありますし、皮脂は適度な水分を体内が留めておけるように、そして肌表面の潤いを守るために最低限必要です。

しかし、皮脂や汗は分泌されたすぐには無臭であるものの、その後分泌されたままで放っておくと酸化をします。
皮膚には通常存在している菌があるのですが、それが悪さをして酸化をさせるのです。
その酸化で揮発性成分であるガスを発生させ、それが体臭に繋がります。なんと、体臭の成分は数百種類も現在見つかっているというのですから、色々な体臭があることがわかります。

では、なぜ体臭には種類があるのか…
それは成分によって違いが発生します。
汗と皮脂が原因なのであれば種類など関係ないのでは?と思うかもしれませんが、実は色々な種類があります。
まずは汗ですが、汗には実は2種類あるのは知っていますか?
エクリン腺というものと、アポクリン腺というものです。
エクリン腺からの汗の特徴は、サラサラとしていること。
全身に汗を発生させるのですが、ほとんどが水を成分としています。
その中には少量ですがアミノ酸も含まれており、それが皮膚の汚れとともにニオイの原因となります。

次に、アポクリン腺についてです。
アポクリン腺は、主にワキあたりを中心として存在しています。
こちらはエクリン腺とは違い、タンパク質や脂肪酸なども成分に含んでいるため、アポクリン腺から分泌をされる汗はニオイを発しやすいのです。

体臭といっても色々なニオイがあるということは、その原因も様々です。
主に体臭の原因を見極めるためには、身体のどの部位からニオイが発生しているか…を調べてみるといいでしょう。
ワキであればアポクリン腺、頭皮であれば皮脂腺です。
エクリン腺は全身に影響しますが、特に足に多いので、足のニオイがきついときはエクリン腺が原因だと思います。

また、年齢や性別も大きく影響しています。
加齢臭と呼ばれるものがあるように、加齢とともに独特なニオイを発生させやすくなります。
これは皮脂成分が若いころと変わってきたことが原因です。
性別に関しては、女性よりも男性のほうが強いとされていて、それは皮脂が多いことが関係しているでしょう。
体臭にも種類があることを知っていれば、どんな対策をするべきかもわかってくるのではないでしょうか。